<< 教師による人形劇 どこへでもつれていってほしかったおとこのこ | 最新の記事に戻る | シュタイナー教育の子育てからヒントを学ぶ >>
◎-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012年度の終了した勉強会
横浜シュタイナーこどもの園 2012年度 集中講座

ーーーー
           
主催/NPO法人 横浜シュタイナーこどもの園を育てる会


『こどもが健康になる』−日々の生活の中で−

5月12日(土)・13日 (日)

こどもが地上に生を受けた時 この子が丈夫に育っていかれますようにと願ったことでしょう。
現代社会において、健康に過ごす事がとてもむずかしくなってきました。
こどもを病気から守るだけでなく よりこどもが自分自身で健康になっていく事が必要なのではないでしょうか。
医療、治療の分野からの視点から 何がこどもを健康にさせるのか。
大人はどんな手助けができるのか。ご一緒に考えてまいりましょう。

プログラム
ーーーーー
12日(土)
8:45
  9:00    受付
9:00
〜        うた
          10:45   
講演  『からだにおける頭と手足』福元
10:45
11:00   休憩
11:00
12:15   講演  『こどもの健康を創る小さな工夫』 
               鈴木 まゆみ
12:15
13:30   昼休み
13:30
14:45   実習
Aコース:健康オイリュトミー
(親が健康になることでこどもの健康を促す)石川 公子

Bコース:家庭で出来るオイルケア
(手足のセルフケア)村上 典子・鶴田 史枝


13日(日)
8:45
9:00   受付
9:00
〜       うた
          10:45  
講演『健やかなバランスを得るには』  福元
10:45
11:00  休憩
11:00
12:15  実習 Aコース、Bコース
12:15
12:30  終わりの集い

定 員: 50名(実習:各コース25 名ずつ)
           
※実習は、2日でA,Bコース両方に参加できます。

参加費: 会員4,000/一般6,000円 

        実習Bコースは材料費別途 100

        (1日のみ参加:会員2,500/一般3,500円)

会場: 横浜シュタイナーこどもの園 園舎
横浜市神奈川区松ヶ丘 3 -14 東横線反町駅から徒歩7
JR横浜駅・東神奈川駅,市営地下鉄三ッ沢下町駅,京急神奈川駅から徒歩15

持ち物:上履き、
実習Aコース:動きやすい服装、オイリュトミーシューズ又は厚手のソック

実習Bコース:バスタオル2枚、タオル1枚

*
多数の申込みが予想されますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。
*2
日間通して参加される方の申込みを優先してお受け致します。
*
会場には駐車場がありません。お車でのご来場はご遠慮ください。
*
大人のための勉強会です。お子様を連れての参加はご遠慮ください。
ーーーーーーーーーー
【申し込み・問い合せ】
Tel/Fax: 042-810-3527 >Fax.
終日/ Tel.21-22 (電話での問い合わせは4/285/4の間を除く)
E-Mail: 
kouza@y-steiner-kodomo.com 担当:永島

▼申し込みの際には、以下の内容をお知らせください。受付後、確認のご連絡をいたします。
お名前(ふりがな):
育てる会の 会員/一般
団体会員の方は所属団体名:
連絡先電話/FAX番号:
連絡事項:
◎複数名での申込みの際には、全員のお名前をお書きください。
◎一日のみ参加の方は、参加希望日、実習の希望コースをご記入下さい。
※状況によっては、ご希望の実習のコースに参加いただけない場合もございます。ご了承ください。
ーーーーーーーーーー
講師紹介(五十音順)
◆石川 公子(いしかわ きみこ)
1987-99
年渡独。オイリュトミー療法士、バイオグラフィーワーカー、治療教育家。
横浜・東京を中心に病院、クリニックなどでオイリュトミー療法を行う傍ら、翻訳や健康オイリュトミーのワークショップ等を開催。国際アントロポゾフィー医学ゼミナール、音楽療法基礎講座講師。


◆鈴木 まゆみ(すずき まゆみ)
横浜シュタイナーこどもの園 教師。キリスト教幼稚園勤務。2003年シュタイナー幼児 教員養成コース終了後、現在に至る。日本シュタイナー幼児教育協会運営委員。

◆鶴田 史枝(つるた ふみえ)
2009
年より国際アントロポゾフィー看護ゼミナールに参加。
現在横浜市内のアントロポゾフィー医学を取り入れた病院、クリニックに勤務。
アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会 運営委員。

◆福元 晃(ふくもと あきら)
耳鼻科医。日本医科大学付属病院、日本医科大学付属千葉北総合病院、東埼玉総合病院の医長を経て、0910年ドイツオイゲンコリュスコアカデミーに留学。
帰国後、横浜市都筑区中川で「なかがわ耳鼻科」
(HPhttp://www.nakagawajibika.com)開院。
日本アントロポゾフィー医学のための医師会に所属。

◆村上 典子(むらかみ のりこ)
NY州サンブリッジカレッジ教員養成課程基礎コースで学ぶ。
現在、こどもクラスの他、児童精神科・認知症ディサービスなどで絵のクラスを持つ。
アントロポゾフィー看護を学びつつ、クリニックではリズミカルアインライブングを行う。
アントロポゾフィー看護を学ぶ看護職の会に所属。

ーーーーーーーーーー

◎-
スポンサーサイト
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック