<< この時代を生き抜く | 最新の記事に戻る | 2011年オープンデー「みのりの広場」 >>
◎-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011年度の終了した勉強会
社会感覚を養う

                      NPO法人
                      横浜シュタイナーこどもの園を育てる会  主催  
                      http://www.y-steiner-kodomo.com/


シュタイナー教育で語られる共同体とは、何なのでしょうか。
教師・父母が共に学校・園を支えていくとき、何がうまれるのでしょうか。
皆さんと、ご一緒に考えてみたいと思います。

<講師からのメッセージ>
親として教師として、子どもの前に立ち、その未来を考えるとき、ひとり一人が社会全体を見据えて判断し、行動することが求められる時代になりつつあります。
元来シュタイナー教育運動は、社会変革のひとつの実践の場であり、社会の未来を切り開いていく基盤を形つくるべく取り組まれてきました。
教師や運営を担う者たちは、共同体論や人間学を学びつつ共に働きあってきました。
国や社会全体が不安定さを増し、環境・経済状況が厳しくなっていけば、そこでの経験を積んだ者が社会で果たすべき役割は広がっていきます。その際に重要となる社会感覚とは「時代の流れや外からの要求を的確につかみ、外から見た自分たちの姿を捉えつつ、本質を損なうことなく、自分たちの学びを、いかにして外の社会で役立てることが出来るか」ということです。
親にとっては、子どもたちが守られ育ちゆく幼児教育の実践の場が、この「社会感覚」を養い、子どもが卒園した後も、自らの生活実践での足がかりとなる場でもあるのです。

講師 森 厚彦(もり あつひこ)
1960年三池争議の真っ只中、福岡県大牟田に生まれる。生業は出版デザイナー。
学校法人シュタイナー学園で理事を二期務める。
日本シュタイナー幼児教育協会運営委員、幼児教育教員養成講座のスタッフ。
家族は妻・娘・猫3匹・亀一匹。
個人新聞「stylesense」を発行中。

日時  2011年 9月10日(土)10時00分〜11時30分

会場  横浜シュタイナーこどもの園 松が丘園舎(横浜市神奈川区松ヶ丘3-14)
        東急東横線反町駅から徒歩7分
        横浜駅から徒歩10分
        市営地下鉄三ツ沢下町から徒歩15分 
       *駐車場・駐輪場はございません。

定員  40名

参加費 一般2000円  会員1000円  ◎室内履きをお持ちください

申し込み・問い合わせ 担当:二山
e-mail:study@y-steiner-kodomo.com
FAX:045- 515-5763      
(朝は7時から、夜は8時まででお願いします)

お申し込みの際、氏名・連絡先・人数・会員もしくは一般をご記入ください。
申し込み後一週間たっても連絡がない場合、お手数ですが再度お申し込みください。
大人のための勉強会です。お子さまは保育をご利用ください。
<保育>
 2歳以上、未就学のお子様対象です。
ご希望の方は、お申し込みの際に、お子様の名前、年齢、性別、アレルギーの有無をお書き添えください。会場となりの園舎にてお預かりいたします。
人数に限りがあります。
なお、重度のアレルギーのあるお子様は改めてご相談させてください。
★保育受付は、9月3日(土)までです。
★別途保育料1000円(保険料・おやつ込み)
                  
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆今後の予定☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
*2011年度 入園説明会   9/9(金)、10/3(月)14時〜(保育つき)
*オープンディ       10/30(日)10時から14時 
*勉強会 テーマ「性教育」 2012年1/21(土)10時から11時30分 
   講師 小貫大輔さん

▼詳細は、決まり次第ホームページなどでお知らせいたします
http://www.y-steiner-kodomo.com/  
NPO法人横浜シュタイナーこどもの園を育てる会


*メールでの申込みの際には、こちらをコピー&ペーストして下さい。

お名前:

連絡先(電話/FAX):

人数: 大人  名

会員 / 一般

保育: 有/無
*保育をご希望の場合、お子様のお名前(ふりがな)、年齢、性別、アレルギーの有無

参考(任意): どこでお知りになりましたか?
   1.当園からのお知らせ
   2.その他   雑誌名・設置場所など教えてください
     (            )
   3.直接HPで知った

   

 

◎-
スポンサーサイト